当事務所では、交通事故被害でお困りの方に、お気軽にご相談に来ていただき、精神的なご負担を少しでも軽減していただけるよう、相談料を無料とさせていただいております(ただし、弁護士費用特約に入られている方で、受任いただいた場合は、30分5000円+消費税の相談料を保険会社に請求させていただいております)。
また、事案を十分かつ正確に把握し、お困りの点やお聞きしたい内容にしっかりとお答えできるよう相談時間は原則として1時間で、延長した場合も相談料はいただいておりません。(なお、ご面談し事情を正確に把握したうえで、責任をもってアドバイスさせていただいているため、電話やメール相談は承っておりませんので、ご了承ください。)

交通事故被害という被害者の方にとって一生を左右しかねない重い事案を弁護士に依頼する以上、その弁護士は専門的知識を十分有しているか、説明が丁寧で分りやすいか、一生懸命かつ熱心に事件に取り組んでくれるか、 相性があうか、信頼に足る人物かなどを見極めることはとても重要です。
また、弁護士によって、事件処理の方針も異なることがございます。ですので、既に弁護士に依頼しようと思われている方も、時間の許す限り、できるだけ多くの弁護士と会って話を聞くことはとても大切なことです。

特に、保険会社から示談の提示を受けた方につきましては、その示談額は、弁護士に依頼した場合に比べて低額であることが一般的ですので、どれだけの上乗せの余地があるのかなど弁護士に相談することをお勧めします。

当事務所は、名古屋市内だけでなく、愛知県内、岐阜県内、三重県内などから多くの方にご相談に来ていただいております。
ご相談に来ていただくだけで解決することも多々ございますので、お一人でお悩みになられず、ぜひお気軽にご相談にお越しください(なお、ご相談に来ていただいても、ご相談内容や受任状況等により、事件のご依頼を受けられないこともございますので、予めご了承ください)。


お電話で無料相談を申し込む


052-459-5515

受付時間【平日】9:30〜18:00(ご相談は20:00まで)


メールで無料相談を申し込む


無料相談の申し込みメールフォーム


無料相談では、主に以下の内容をお話しています。


  • 交通事故の基本的な知識
  • 解決までの流れ
  • 見込まれる後遺障害等級
  • 見込まれる損害額
  • ある支出が損害として支払われる見込みがあるか
  • 示談額の上乗せの余地
  • 見込まれる過失割合
  • 適切な解決方法
  • 必要な治療・検査
  • 適切な損害の回復のため依頼者様がすべきこと
  • 依頼者様が特にお困りやお悩みになっている事項
  • その他、適切な事件の解決のため特に留意いただきたい事項

ご注意事項


  • 無料相談は、原則として平日10時~20時開始になります。休日や夜間等上記以外の時間をご希望される場合、申込み時にご相談ください。
  • 相談時間は、原則として1時間です。相談時間を延長した場合や当事務所が必要と認めた2回目以降の継続相談も無料です。だだし、より多くの方に無料相談を提供させていただくため、初回相談時と同一事故に関し、事件をご依頼いただくことを前提としない知識の提供・アドバイスのみの2回目以降の相談は、お断りさせていただく場合や、有料(30分5,000円+消費税)とさせていただく場合がございます。2回目以降の相談をお断りさせていただく場合、もしくは、有料となる場合、初回相談時にご説明いたします。
  • 当事務所は交通事故被害者の方々の救済を目的としております。ご相談の内容は、交通事故被害者の方からの交通事故被害に関するご相談に限らせていただき、加害者の方、過失割合が大きいと見込まれる方(概ね7割程度)、物損のみの交通事故の場合、その他事案によって無料相談をお受けできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 事案を正確に把握し、適切な法的アドバイスをさせていただくため、交通事故無料相談は、ご来所いただいての相談に限らせていただき、原則として電話、メール等での相談はお受けしておりません。
  • 相談は完全予約制になります。当事務所までお電話いただくか、メール申込みページから、相談日時のご予約をお願いいたします。
  • 相談の予約状況によっては、ご希望の相談日時をお取りできない場合もございます。
  • 特段の理由がなく予約された相談をご連絡なくキャンセルされますと、以後のご相談は一切受け付けられませんので、ご都合が悪くなった場合、必ず事前にご連絡いただきますよう、よろしくお願い致します。
  • ご相談内容もしくは受任状況等により、無料相談に来ていただいても、事件のご依頼をお請けしかねることがございますので、予めご了承ください。なお、ご依頼をお請けしかねる場合、ご相談時に、その旨をご説明し、また、今後の事件の進め方等についてもご案内差し上げます。

シェアする