トータルサポートシステム

交通事故被害者の方やそのご家族等は、交通事故被害だけでも大変苦しい思いをされ、治療を受けたり日々の生活を送るだけで精一杯な過酷な状況に置かれているのに、適切な損害の回復のために、気をつけなければいけないことが多々あります。裏を返していえば、相手方保険会社の言い分を鵜呑みにしたために、不当に安く示談させられたり、医師任せにしたために、重篤な症状が見逃され、適正な後遺障害等級の認定が受けられず、取り返しがつかないことになることも現実に数多く発生しています。

特に不幸にも交通事故により後遺障害(後遺症)が残ってしまい、後遺障害等級の認定を受ける場面では、自賠責保険等による症状に見合った納得のいく後遺障害等級認定を受けることができれば、その後の示談交渉で早期に事案を解決することが可能であり、また、裁判になっても、認定された等級が尊重される傾向にあります。しかし、事故当初から必要な治療や検査を受けていなかったり、診断書の記載が不十分であったり、保険会社任せで漫然と等級の申請をしてしまうと、十分な後遺障害等級の認定が受けられないどころか、裁判でも不利に取り扱われてしまいます。

その一方で、交通事故被害に遭うことなど、大多数の方には一生に一度の出来事で、何をどう進めればいいのか、何が正しいのか全くわからない状態で、交通事故のプロである加害者側保険会社の担当者や相手方弁護士と渡り合っていかなければいけません。

そこで、当事務所では、交通事故被害に関するあらゆる法的問題を総合的に解決する「トータルサポートシステム」により、被害者の方々のご負担を最小限にし、安心して事故前の生活に戻っていただけるよう、全力で支援する体制を整えております。特に適切な後遺障害等級認定のための支援策を多数用意し、被害者の方の症状が適切に評価されることに重点を置いております。

なお、当事務所にご依頼いただいた場合、成年後見申立及び相続等の一部の業務を除いて、特別な弁護士費用は発生いたしません。

交通事故被害者の方々が、損害の適切な回復のため、気をつけなければならないことを以下に挙げます。


当事務所による総合的な支援内容(業務内容)


警察・検察関係 ※当事務所による支援・解決策はこちら

  • 事故態様についての被害者の言い分が正確に反映されているか。
  • 被害者立会い実況見分は実施されたか
  • 加害者の刑事裁判に、被害者参加をしたいが、何をすればよいか。

医師・病院関係 ※当事務所による支援・解決策はこちら


  • 見落とされた症状はないか。
  • 症状が適切に評価されているか。
  • 然るべき時期に適切かつ効果的な治療・検査を受けているか。
  • 医師、病院が相手方保険会社の言いなりになっていないか。
  • 必要事項が正確に記載された十分な後遺障害診断書が作成されているか。

相手方保険会社関係 ※当事務所による支援・解決策はこちら


  • 相手方保険会社に都合の良い不合理な主張を押し通そうとしていないか。
  • 十分な治療費や休業損害の内払いをしているか。
  • 早期の症状固定を画策するため医師に不当な圧力をかけていないか。
  • 適切かつ十分な資料をもって後遺障害等級認定(事前認定)を行っているか。
  • 後遺障害等級認定(事前認定)の結果は十分か。
  • 示談提示内容が不当に低くないか。

ご自身の側の保険会社関係 ※当事務所による支援・解決策はこちら


  • 請求できる保険の内容を正確に説明しているか。
  • 相手方保険会社と被害者に不利な過失割合の合意をしていないか

その他 ※当事務所による支援・解決策はこちら


  • 健康保険を利用する場合、第三者行為傷病届を提出したか。
  • 労災事故の場合、労災保険の請求をしたか。
  • 身体障害者認定は受けたか。
  • 被害者の方の判断能力が低下した場合、成年後見の手続きをとる必要はあるか。

シェアする