edr

ご挨拶

にわ法律事務所の弁護士・丹羽洋典(にわひろのり)と申します。

私は、平成19年、弁護士登録と同時に弁護士法人に入所し、山口県萩市、大阪市で勤務したのち、平成24年、生まれ故郷の名古屋市にて、被害者側交通事故事件を専門とするにわ法律事務所を設立いたしました。


交通事故被害者専門弁護士の丹羽洋典

弁護士法人では、山口県萩市に赴任し、所長弁護士として、被害者側加害者側双方の交通事故事件はもちろんのこと、一般民事・家事・刑事事件などあらゆる分野の事件を取り扱いました。

その後、同法人大阪事務所にて、主に被害者側交通事故事件を取り扱い、年間200件近くの法律相談を担当しました。

被害者側交通事故事件を数多く取り扱った経験と知識を生かすとともに、弁護士を志した理由である、「依頼者にまっすぐ向き合い、一つ一つの事件に真摯かつ丁寧に取り組み解決に導くことで、依頼者の笑顔を取り戻したい」という想いを実現するために、当事務所を設立いたしました。


ここ愛知県では、交通事故発生件数は全国でも最悪の状態が続いています。
私も幼少のころ、父親を交通事故で亡くしました。

私は、交通事故被害者を救済する弁護士として、交通事故被害者の方々、そのご家族・ご友人・知人などすべての方に、同じ立場と目線で、安心して事故前の生活と笑顔を取り戻すお手伝いをしていきたいと考えています。

弁護士 丹羽 洋典


経歴

昭和49年名古屋市生まれ
平成2年名古屋市立大曽根中学校卒業
平成5年愛知県立旭丘高等学校卒業
平成10年関西大学法学部法律学科卒業
平成17年司法試験合格
平成18年司法研修所入所
平成19年弁護士登録(登録番号35481・第60期・山口県弁護士会)
弁護士法人・山口県萩事務所勤務
平成21年大阪弁護士会に登録替え
弁護士法人・大阪事務所に異動
平成24年愛知県弁護士会に登録替え
にわ法律事務所開設
令和4年CDRテクニシャン資格取得
(R4.3.30・ID-T00026)

略歴

  • 愛知県弁護士会所属(登録番号・35481)
  • 公益社団法人日弁連交通事故相談センター愛知県支部委員(令和3年度~副委員長・審査委員)
  • 愛知県弁護士会ゼミ研修「交通事故に関する損害賠償請求の実務」副査(平成30年、令和元年度)
  • 日本交通法学会会員
  • 名古屋商工会議所会員
  • 財団法人交通遺児育成基金賛助会員
  • CDRテクニシャン(R4.3.30・ID-T00026)

シェアする