どのタイミングで相談に行けばいいですか

一刻も早くご相談に来てください。
交通事故賠償実務では、適正な病院で診察を受けているか、症状に見合った診断名が付されているか、きちんと通院しているかなど受傷当初の対応が非常に大切になります。
また、何気なく医師や保険会社担当者に話をした一言で、適正な賠償を受けるのに障害になることもございます。
その他、先行して物損を解決した際に、不利な過失割合で示談すると、人損の賠償の際に影響することもございます。
何より、相手方保険会社担当者の言やインターネットに氾濫する不正確な知識に惑わされず、一刻も早くご相談に来ていただき、受傷当初から正しい知識をもって、今後の流れを正確に把握しておくことは、適正な賠償を受けるために最も重要ことだと考えております。

当事務所では、無料相談自体も交通事故被害者の救済ための主要な業務であると考えていますので、ご相談に来ていただいたからといって、こちらから受任をお勧めすることは一切ありませんのでご安心ください。


シェアする